「 2017年08月 」一覧

占いを信じます

私の星座は水瓶座です。
雑誌の巻末に載っている「今週の星占い」は必ず読むし参考にします。
なぜなら、星座占いの本に書かれている水瓶座の性格が当たっているからです。
相性のいい星座の人もだいたい当たっています。
なので星座占いは信憑性があると思われるので、運勢も当たっている気がします。
血液型はO型です。
血液型占いは、最初は信じていませんでした。
血液型は4種類しかないので、人の運勢が4種類に分けられるはずがないと思ったからです。
しかし少し前にはやった血液型別の性格の本を読んで、O型のが当たっていたので、信じるようになりました。
ただし、信じるというのは血液型による性格診断です。
血液型で運勢を占うのは信じることはできません。
血液型で運勢を占っているのをあまり見たことはないので、ないのかもしれませんが。
私の生まれ年の干支は丑年です。
干支の占いも最初は信じていませんでした。
学校の同級生はほとんど同じ干支になっているので、同級生のほとんど全員が同じ性格なんてあるわけがないと思っていたからです。
しかし四柱推命をやってみたら当たっていたので、干支も関係あるのかもしれないと思い始めました。
そういえば、学生時代に先生が「この学年は〇〇だ」というのを聞いたことがあります。
学年によって特徴があるということは干支が関係しているのだろうと思いました。
私は自分では内向的で人見知りだと思っています。
しかしバイタリティーはある方で、休日や空き時間などには必ず何かをしています。
ひとつの趣味を見つけるとのめりこむ方で、目標を達成するまでやり続けます。
しかし一人でできる趣味ばかりなので、そこは内向的で人見知りな性格のせいだと思っています。
周囲の人は私が明るいと思っているようですが、自分ではそうは思いません。
こういった点も占いの結果に当てはまっているので、星座、血液型、生まれ年の干支の占いは当たっていると思います。

地元、福岡県の占い師ということであれば、これが参考になるかもしれません。

福岡市 占い


福岡県の「うどん屋」

 

福岡県大野城市、西鉄電車白木原駅の近くにある、うどんと丼のお店「狐狸庵(こりあん)」は、かつ丼が自慢の地元では有名なお店です。
平日の昼は休憩中のサラリーマン、休日の昼は家族連れや地元の常連でいつも満席。子供からお年寄りまで年齢を問わず様々な人が訪れます。
お店の前には20台くらい停められる駐車場があり、遠方からの来店も可能です。和風の民家を改装して作られた店内には30ほどの座席が用意されています。1人用のカウンター、2人テーブル、4人テーブル、6人掛けの座敷がそれぞれあるため何人で行っても大丈夫です。駐車場の端には駐輪スペースもあるので自転車での来店も出来ます。
夜の時間は昼間ほど混み合ってはいないので、待ち時間や駐車場が不安な方は夜の方がおすすめです。

この店で一番注文されるのが名物の「かつ丼」(830円税込)。
他にはない独特のダシにカツが漬け込んであり、これまたダシの染みた卵で閉じた一品。
甘辛いダシの味とカツのジューシーさが合わさり、ご飯がどんどん口の中に掻き込まれていきます。白米が足りなくなるのが心配な人は、注文の際にご飯大盛りと伝えましょう。丼ぶりを頼むとついてくる沢庵とお吸い物も、丼の濃い味を一度リセットしてくれる頼もしい存在です。
そのほかにも、ダシの染みた卵でとじた親子丼や卵丼、肉丼など数種類の丼物に加え、うどんメニューも一通り揃っています。カウンターの上にはおにぎりだけでなく、隠れた名物のいなり寿司(180円)も数量限定で置いてあります。具だくさんでボリュームのあるいなり寿司はうどんとの相性もばっちりです。
店内はいつも忙しいせいか、店員もさばさばした感じの人が多い印象です。冷水器が店内に置いてあるので、お冷をおかわりする際は自分で行きましょう。
有名店なので満席のことも多いですが、駐車場がさほど広くない関係で待ち時間もそれほど長くはありません。
20ー30分も待てば入ることができるでしょう。
ただし、車で行く場合近くにコインパーキングはないので、満車の時は出直すことになると思います。店の前の道は広くて交通量も多いので、路上駐車で空くのを待っていると交通の妨げになることもあるのでご注意ください。


バドミントン

 

私は中学、高校とバドミントンをしていました。今でもプライベートでバドミントンをしています。
バドミントンを始めたきっかけは球技が得意でラケットを使ってスポーツするのが好きでした。

 

最初は小学校の時にやっていたテニスと考えておりましたが友達に誘われたのとレジャーでもできるバドミントンをさらにできるようになりたい思い、後は焼けたくなかったからです。部活動であったため毎日、学校の体育館で三時間程度行っていました。また、現在では仲間を集めて1ヶ月に1回程度近くの体育館を借りて主催となって行っています。ともにやっていた仲間たちはバドミントンが好きとゆう方、小さい頃から習っていた、興味があったからなどといった様々な理由で始めたきっかけでした。

 

バドミントンを教えてもらうにはコーチがいないといけないですが、中学の時は強化クラブでしたので厳しいコーチが二人いました。優しい時と厳しい時との区別がしっかりしてはり、女性のコーチだったため相談もしやすく試合前になると出場するメンバーには一人一人にメッセージを送るとてもいいコーチでした。高校の時はとても弱い学校でしたのでコーチもおばあちゃん先生でめったに部活に顔を見せることなかったですが試合前は部活を覗きに来てくれてど迫力のすごい大きい声でエールを毎回送ってくれました。ある意味すごい先生でした。

 

やはりバドミントンは楽しいスポーツで誰でもすぐに始められますが本格的に習ったり、部活をするとすごいお金はかかりました。まずは一番必要となるのもがラケットですが私は4本持っています。一番高くて2万のwilsonに1万2千のヨネックスで後は1万ぐらいの練習用でヨネックスのを2本持っています。シューズはヨネックスで7千ぐらいで公式戦用の服は上下セットで1万ほど、練習用では上が2千から4千ほど、下は4千から6千ほどでした。どれもメーカーはヨネックスで揃えています。本格的にスポーツをするにはどれもお金が必要です。もし、お金と時間があれば、もう一度テニスがしたいです。