バドミントン

私は中学、高校とバドミントンをしていました。今でもプライベートでバドミントンをしています。
バドミントンを始めたきっかけは球技が得意でラケットを使ってスポーツするのが好きでした。

最初は小学校の時にやっていたテニスと考えておりましたが友達に誘われたのとレジャーでもできるバドミントンをさらにできるようになりたい思い、後は焼けたくなかったからです。部活動であったため毎日、学校の体育館で三時間程度行っていました。また、現在では仲間を集めて1ヶ月に1回程度近くの体育館を借りて主催となって行っています。ともにやっていた仲間たちはバドミントンが好きとゆう方、小さい頃から習っていた、興味があったからなどといった様々な理由で始めたきっかけでした。

バドミントンを教えてもらうにはコーチがいないといけないですが、中学の時は強化クラブでしたので厳しいコーチが二人いました。優しい時と厳しい時との区別がしっかりしてはり、女性のコーチだったため相談もしやすく試合前になると出場するメンバーには一人一人にメッセージを送るとてもいいコーチでした。高校の時はとても弱い学校でしたのでコーチもおばあちゃん先生でめったに部活に顔を見せることなかったですが試合前は部活を覗きに来てくれてど迫力のすごい大きい声でエールを毎回送ってくれました。ある意味すごい先生でした。

やはりバドミントンは楽しいスポーツで誰でもすぐに始められますが本格的に習ったり、部活をするとすごいお金はかかりました。まずは一番必要となるのもがラケットですが私は4本持っています。一番高くて2万のwilsonに1万2千のヨネックスで後は1万ぐらいの練習用でヨネックスのを2本持っています。シューズはヨネックスで7千ぐらいで公式戦用の服は上下セットで1万ほど、練習用では上が2千から4千ほど、下は4千から6千ほどでした。どれもメーカーはヨネックスで揃えています。本格的にスポーツをするにはどれもお金が必要です。もし、お金と時間があれば、もう一度テニスがしたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする